夏の癖

2017/11/28

肌寒い。軽く羽織るものがないと、風邪をひいてしまいそうだ。
すっかり秋のようだけれど、これがフェイクなのを僕はわかっている。いつもこうやって涼しくなって騙される。まだたぶん完全に夏が終わってはいない。半袖はまだ片付けてはいけない。


蒸し暑い夏の癖で、窓を開けたまま寝てしまったら心なしか喉が痛いような痛くないような。痛くない痛くない、と言い聞かせてなんとかやっている。と書きながらもくしゃみがとまらない。


何か、ものすごく書きたいことがあったのだけれど、くしゃみと一緒にすっかりどこかへ行ってしまった。
なんだっけ。めちゃくちゃ気になる。今日はこのなんだっけと付き合うことになりそうだ。あのくしゃみを吸い込んだら思い出せるだろうか。



たまにはこれくらいでおしまいにしてみる。